ACCOSSATO、Matris、Robby Moto Engineering、Two Brothers Racing関連のニュースをお届けします。

Matsumoto Engineering NEWS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --年--月--日 --:-- |
  2. スポンサー広告

【ACCOSSATO】YAMAHA YZF-R1 2010

今日は朝からYAMAHA YZF-R1 2010年モデルに装着テストをしていました。

今回装着テストをしたのはACCOSSATO製のバックステップ(海外ではリアセットって呼ばれています)。

それから、純正ブレーキマスターのブレンボ製セミラジアルマスターに対応した、可倒式レバーにリモートアジャスターが追加された商品です。それもマニュアル式?と電動式の2種類。

まずは、バックステップ。ポジションは8箇所から選択できます。
DSC_8272_500.jpg
ブレーキ側になりますが、エキゾーストパイプのヒートガードが使用できます。
しかし、レース用のため、リアブレーキスイッチは使用できません。
今回はオイルプレッシャースイッチを使用しました。
ボルトピッチはP1.25、リアのマスターはNISSIN製です。

DSC_8274_500.jpg
シフト側は、エンジンのサイドカバーが使用できなくなります。
ポジションによってはロッドの長さを調整する必要がありますが、延長ロッドが付属しています。

DSC_8248_500.jpg
マニュアル式のリモートアジャスター付レバーです。
進行方向に対して90°向きが違うので、ハンドルを切ってもメーターに干渉しません。
このレバー、通常レースでしかリモートアジャスターが必要ないため、ブレーキライトスイッチが使用できません。
公道でも使用できますが、別途オイルプレッシャースイッチが必要になります。
クラッチ側に取り付けるダイヤルもそのまま装着できます。
品番 400-AGAM00100-01 税込価格 ¥26,040

DSC_8243_500.jpg
こちらは電動式のリモートアジャスター付レバーです。
レバーのデザインが少し異なります。こちらのモデルはブレーキライトスイッチが使用できます。
しかし、左側に取り付けるスイッチホルダーが、純正クラッチホルダーとハンドル付け根の間に装着しようとすると、
ホルダーに干渉します。対策としてはホルダーとスイッチボックスの間に装着するしかないようです。
品番 400-0500.500D 税込価格 ¥37,800
関連記事
  1. 2011年01月14日 15:46 |
  2. ACCOSSATO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://twobros.blog119.fc2.com/tb.php/214-5f3b94f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。